トップページへ ごあいさつ沿革校内施設灘校生の生活入学を希望される方へ交通アクセス同窓会員限定

理事長あいさつ

このページの先頭へ

 「灘中学校の創立について」  理事長 嘉納毅人

 灘中学校は,中学の先生を養成する東京高等師範学校(現筑波大学)の校長を25年間勤めた嘉納治五郎,その最高の愛弟子, 38歳の真田範衛を他校校長より招聘しスタートした。校舎の設計から教師の招聘,校歌の作詞とすべてを初代校長 真田範衛が行った。

 嘉納治五郎は32歳で第五高等学校校長に就任以来40年間の教育の経験をふまえ,理想の教育を愛弟子 真田範衛に灘中学校で行わせようとしたのである。

 灘中学校の校是「精力善用 自他共栄」は昭和3年創立当時,嘉納治五郎が柔道で提唱した教えで,嘉納治五郎は灘中学校の創立に情熱を傾け,初代校長 真田範衛の就任の説得も行い,真田範衛と並ぶ事実上の灘中学校の創立者である。


学校長あいさつ

このページの先頭へ

学校長の和田です。灘校のホームページにようこそ。

 本校は中高6年完全一貫教育を行う併設型の中学校・高等学校です。一貫教育の前に完全という言葉を置いているのは、生徒諸君が中学に入学したときに、教員の方も担任団を編成し、その担任団が一つのチームとして6年間ずっと持ち上がるからです。これにより、教育内容に一貫性が保たれるだけでなく、生活指導もきめ細かく時間をかけて行うことができるのです。集まってきた生徒諸君とその学年の担任団に配属された教員たちの一人一人の個性が混じり合い、融合して、各学年それぞれのカラーが出来上がっていくのです。

そこに高校から約40人が新しい息吹として入学してきます。そして、ややもすると中だるみの時期に差し掛かる在来生に大いなる刺激を与えてくれます。高入生も在来生とすぐに仲良くなり、互いに相乗効果を与えながら学年としてのまとまりが完成します。
本校に入学する生徒は、中学からの生徒も高校からの生徒も皆極めて個性的です。私たち教職員の仕事は、その個性を摘み取るのではなく、その個性を伸ばしていける環境を作り上げ、守っていくことだと思っております。

当ホームページに掲載されている学校の様子や諸行事の写真などをご覧いただければお察しいただけると思いますが、本校の生徒たちは自由を謳歌しています。ただ、本校に存在する自由というのは放縦とは異なり、自律心を伴わなければ許されないものです。服装や髪型も自由ですが、中学生・高校生にふさわしいものでなければなりません。勉強スタイルも自由ですが、自分なりに工夫して学習成果を残していかなければなりません。もちろん担任団をはじめとする教員がそれを適切にサポートするのですが、一番重要なのは本人の自覚です。本校の『生徒歌』の歌詞に「世は行楽の春なれど知恵の林に憧るる」というくだりがありますが、そういう気概こそが灘校生の本分だと思います。そういう意気軒昂な生徒がのびのび学習し生活できる場を、今後も提供していきます。


開校から85年が経った平成25年の春に、2棟の校舎の建替え、中学棟の耐震補強リニューアル、充実の新図書館の新築、2つのグラウンドの人工芝化、柔剣道場やトレーニングルームの更新など、大規模な工事が竣工しました。良き伝統を維持しつつ、新しい時代に適応した教育環境を整えることができたと思っております。緑に囲まれた新校舎で、同級生との友情や先輩後輩の絆を育みながら、自分の個性をのびのびと伸ばしたい、と思っている皆さんの入学を心よりお待ちしています。

トップページへ このページの先頭へ